売上が上がらない壁を突破せよ。

この記事は2分で読めます

こんにちは

 

Amazonで

あることを検証をしてみました^^

 

まさに

 

「右肩上がり」

 

という言葉が相応しいです。

以下に当てはまる人は

真剣に読んで下さい。

 

・今からせどりを始めるけど、どうしたら売上はUPするの??

・せどりを始めたけど売上が上がらない

・最近、売上が不調だ

・(ヽ´ω`)。。。

 

 

まず

これをご覧になって下さい^^

↓↓↓

 

 

WS000004.JPG 

 

これは、ここ2週間ぐらいのデータです。

紛れもなく私のAmazonでの出品者用管理画面の一部です。

 

 

 

青い線=セッション数

(私が出品している商品ページを、お客様が観覧した数)

 

オレンジ?の線=販売数

 

 

 

どうでしょう?

販売数が「右肩上がり」

ですよね?

 

 

それまでも、

売れてはいますが販売数はイマイチと言った所です。

 

何故かは分かっていましたが

この画像を撮るがために

わざわざ、販売数がイマイチな状況を継続してみました(笑)

 

あっ、

もちろん生活に支障が出ない程度にですよ^^

 

上の結果は、偶然ではありません。

意図的に行った結果です。

 

多分、

皆さん必ずされていることなので

全然すごくないことです・・・

 

 

なので

なんだ、そんな事か!

って言われそうですが

 

そうです。

 

「価格改定です」

 

 

つまり

 

価格を安くするんです。

私は、最安値に合わせたりそれ以下に

価格設定する時は、

ホントに出品する商品が

状態が悪かった時です。

 

その商品の状態や

他出品者のコメントも見て

しっかり判断し

見合った価格設定をしてるので

 

必ずしも最安値ではありません。

 

最安値にしたり

もしくは、最安値付近に価格を設定すると

確かに売れやすくなります。

 

しかし、

全ての商品を最安値にする必要もないのです。

 

最安値ではなくても

しっかりと、コメントもしておけば

質の良いお客様から購入して頂けます。

 

だからと言って

プレミア価格が付いているわけでもなく

高くても3000円の商品に

5万円っていう価格を付けろって言っているのではありません^^

 

今回は何を検証したかですが

 

商品の状態に見合った

価格設定をしていた商品の

 

一部を

 

最安値。もしくは最安値付近にしてみた結果です。

 

なので、

売上が伸び悩んでいるあなた!

 

 

(今からせどりを始めるあなたも覚えておいて下さいね!)

 

実践しているとは思いますが

今一度、見直してみてください。

 

ちなみに

なんで最安値にしても

赤字になったり薄利にならないかですが

 

全て、

「ステイブルせどり」

内にある基準で仕入れてあるからなのです^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

何か質問などございましたら

こちらの無料メールフォームよりお問い合わせ下さい♪

↓↓↓

 http://my.formman.com/form/pc/mPWc1UhgJejTapkM/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
RoadTo100ManSystem
お名前(必須)
メールアドレス(必須)

関連記事

このブログについて。

こんにちは、中川大輔です。
せどり業界で一番自由な時間がありながら
月収1000万円以上になった秘訣とは?

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング


アーカイブ

カテゴリー